柚餅子 (ゆべし)

 柚子が橙に色づく12月になると、「柚餅子」づくりが行われます。
柚餅子とは、保存食の一つで、柚の中身をくり抜き、皮の器の中に、砂糖やクルミ、胡麻等をと混ぜ合わせた「練り味噌」を詰め込み、2時間ほど蒸した後、自然乾燥で約2ヶ月かけて一つ一つを丹念に仕上げた、独特の風味と香りがある珍味です。
 柚餅子は薄く切ってお召し上がりください。柚子の風味が口一杯に広がり、お酒のおつまみやお茶請けとしてお楽しみいただけます。
天龍村柚餅子生産者組合の紹介
 「天龍村柚餅子生産者組合」は、昭和50年に地区の生活改善グループを母体として結成されました。「柚餅子(ゆべし)」の開発は、過疎化が進む中、主婦の視点から地域の活性化を模索し、かつて地区に伝わりながら消えようとしていた武士の携帯食を後世に残そうと挑戦したのが始まりです。
 最近は、高齢者と子供達のふれあいによる山里文化の伝承、都市との交流、グリーンツーリズム活動等も行っています。
主な商品
柚餅子(ゆべし) 600円〜800円
五色みそ(ゆず、ふきのとう、さんしょう、くるみ、えごま) 各350円
五色飴(ゆず、どくだみ、しそ、よもぎ、熊笹) 各300円
小梅漬け 450円〜
ゆぼ志   300円
村内販売店
ふれあいステーション龍泉閣 TEL 0260-32-1088

<長野市内>
東急百貨店
善光寺前 信州プレミアムSHOP
交通案内
自動車  中央道飯田山本ICより国道151号経由 約1時間20分
電車 JR飯田線中井侍駅下車、徒歩約30分 
 地図(MapFan)
お問合せ
 天龍村柚餅子生産者組合
〒399-1202 天龍村神原坂部
工場 電話 0260-32-3470(製造期間中のみ)
工場長 関 京子
 自宅 電話 0260-32-3460
※地方発送も承ります。
上記の番号へ直接電話かFAXでご注文ください。
振興課からのお知らせ 観光に関するお問い合わせ
Copyright (C)2002 Village of Tenryu All Rights Reserved