大河内池大神社例祭



国重要無形民俗文化財 昭和53年(1978年)5月22日指定
 国の重要無形民俗文化財に指定されている天龍村の霜月神楽の一つです。
 天龍村の南西部、標高800m程に位置する集落、大河内の池大神社において、正月の1月5日に行われるお祭りです。
祭りは,「お登り」の太鼓の音と共に始まり、境内の薪に火がつけられ祭式を行います。
翌朝まで湯釜を浄め、湯立神楽が神楽殿を舞台に釜を囲んで行われる舞は、「順(すん)の舞」に始まり、「扇の三つ舞」、「剣の三つ舞」等を舞い、クライマックスは「鎮めの舞」、「竜王の湯」で終了します。
この舞は、厳しい所作の舞で,釜の周りを湯たふさを持ち、釜の湯を四方に散らして終了します。
この釜の湯を飲むと、「年中健康だ」と言われており、瓶に入れて持ち帰る人もいます。


  地図(Mapfan

 霜月神楽進行概要(年により異なる場合があります)
 概要
 開催日:毎年1月5日
 14時頃〜神事
 15時頃〜舞始め
 1月6日午前4時頃 終了


 霜月神楽進行概要(年により異なる場合があります)
天龍村の霜月神楽リンク

坂部の冬まつり(1月4日
向方お潔め祭り(1月3日

お問合せ
天龍村教育委員会
電 話  0260-32-3206
E-mail  s-kyoiku@vill-tenryu.jp
 
△撮影:平成23年1月5日

撮影:平成23年1月5日  
Copyright (C)2002 Village of Tenryu All Rights Reserved