ブッポウソウ(仏法僧)  
平成30年6月15日 GPSロガー調査のようす

巣箱内の卵


回収したGPSアンテナ。


色鮮やかな羽。

※専門家によるGPSロガー調査を実施いたしました。



↑ 28年度フォトコンテスト応募作品より

  
↑ 27年度フォトコンテスト応募作品より

 
↑ 26年度フォトコンテスト応募作品より

 
↑ 25年度フォトコンテスト応募作品より

 
↑ 24年度フォトコンテスト応募作品より



(天龍小学校児童らによる巣箱かけ。22箇所)

 
(観察記録DVDと雛が巣立ち(H23.7.18正午:永江淳志氏撮影)

 
ブッポウソウピンバッチ好評発売中!


▲切手シート


▲天龍みどりの少年団が設置した看板
 

村鳥 「ブッポウソウ(仏法僧)」とは

   長野県の天然記念物
   夏鳥として毎年5月初旬に、村に渡来します。
  青緑色の羽根が美しく、翼を広げると白斑が目立ちます。

   →
下記パンフレットをご参照ください。

   

     
  
 
<2017年度お知らせ>
 ブッポウソウ切手シート  1冊1,500円 好評発売中!
 ※
ブッポウソウステッカー  1枚   300円 好評発売中!
 
ブッポウソウのピンバッジ 1個   500円 好評発売中!

<巣箱かけ日と渡来確認日の記録>
年度 巣箱かけ日 渡来確認日 産卵  ふ化  巣立ち
平成30(2018)年 4/14 4/30 6/2  6/28 7/22
平成29(2017)年  4/9 4/29 5/16 6/10 7/5
平成28(2016)年  4/9 5/1 5/22 6/16 7/10
平成27(2015)年  4/11 5/2 5/21 6/16 7/10
平成26(2014)年  4/12 5/2 5/23 6/18 7/12
平成25(2013)年 4/13 5/1 5/22 6/16 7/11
平成24(2012)年 4/21  4/28 5/24 6/19 7/15
平成23(2011)年 4/16 5/9 5/29 6/24 7/18
平成22(2010)年 4/17 5/3      
平成21(2009)年 4/18 4/30      
平成20(2008)年 4/19 5/6      
平成19(2007)年 4/21 5/4      
平成18(2006)年 4/23 5/4      
平成17(2005)年 5/1 5/5      
平成16(2004)年 4/24 4/29      
平成15(2003)年 4/27 5/3      
平成14(2002)年 4/27 5/6      
平成13(2001)年 4/28 5/8      
平成12(2000)年 4/29 5/7      
平成11(1999)年 4/29 5/8      
平成10(1998)年 4/29 5/8      
     (ライブカメラ等記録より)
<参考>
<30年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>
※平成30年7月24日午後1時半過ぎ、残りの2羽が巣立ち
 今年のブッポウソウは4羽全て、無事巣立っていきました。
※平成30年7月22日午後2時半過ぎ、2羽目巣立ち
※平成30年7月22日午後1時半過ぎ、1羽巣立ち

※平成30年6月29日朝、4羽目のヒナがふ化
  全て卵が孵る。

※平成30年6月28日早朝、1羽〜3羽がふ化。
※平成30年6月8日夕、4個目を産卵。
※平成30年6月6日午後3時半過ぎ、3個目を産卵。

※平成30年6月4日午後3時半ごろ、2個目を産卵
※平成30年6月2日夕方、卵1個を産卵

※平成30年5月17日、役場の巣箱に入る。
※平成30年4月30日、飛来を確認しました。


<29年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>
※平成29年7月13日午後7時20分頃、成長が遅れていた5羽目巣立つ
※平成29年7月7日午前10時頃、4羽巣立つ
※平成29年7月6日午前8時35分頃、3羽巣立つ
※平成29年7月5日午後2時30分頃、2羽巣立つ
※平成29年7月5日午前8時40分頃、1羽巣立つ
※平成29年6月14日朝、5羽全てふ化
※平成29年6月12日午前10時頃、4羽目ふ化
※平成29年6月11日昼、3羽目ふ化
※平成29年6月11日朝、2羽目ふ化

※平成29年6月10日午後2時30分頃、1羽ふ化

※平成29年5月24日夕、
5個目を産卵

※平成29年5月22日夕、
4個目を産卵

※平成29年5月20日夕、
3個目を産卵

※平成29年5月18日夕、
2個目を産卵

※平成29年5月16日夕方、卵1個を産卵
※平成29年5月 7日役場巣箱に入る

※平成29年4月29日、飛来を確認しました

<28年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>

※平成28年7月12日、午前10時頃、4羽目巣立つ。
※平成28年7月11日、午後3時頃、3羽目巣立つ。
※平成28年7月11日、午後2時頃、2羽目巣立つ。

※平成28年7月10日、午前7時40分頃、1羽巣立つ。

※残念ながら、5羽目がふ化しません。
※平成28年6月18日10時頃、さらに1羽ふ化。計4羽。

※平成28年6月17日16時頃、さらに1羽ふ化。計3羽。
※平成28年6月17日9時半頃、さらに1羽ふ化。計2羽。

※平成28年6月16日昼、1羽ふ化。

※平成28年5月30日夕、5個目を産卵。

※平成28年5月28日夕、4個目を産卵。

※平成28年5月26日夕、3個目を産卵。

※平成28年5月24日夕、2個目を産卵。
※平成28年5月22日夕方、卵1個を産卵。

※平成28年5月1日、飛来を確認しました。


<27年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>

※平成27年7月13日、昼、最後の1羽巣立つ。
※平成27年7月12日、さらに1羽巣立つ。残り1羽。
※平成27年7月11日、昼、さらに1羽巣立つ。残り2羽。

※平成27年7月11日、朝、さらに1羽巣立つ。残り3羽。
※平成27年7月10日、11時頃、1羽巣立つ。残り4羽。
※平成27年6月19日、朝、5羽全てふ化。
※平成27年6月18日、朝、さらに1羽ふ化。計4羽。

※平成27年6月17日、朝、さらに1羽ふ化。計3羽。

※平成27年6月16日、10時頃、さらに1羽ふ化。計2羽。

平成27年6月16日、1羽ふ化。
※平成27年5月29日夕、5個目を産卵。

※平成27年5月27日夕、4個目を産卵。
※平成27年5月25日夕、3個目を産卵。

※平成27年5月23日夕、2個目を産卵。

平成27年5月21日16時15分頃、卵1個を産卵。

※平成27年5月2日、飛来を確認しました。

<26年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>
※平成26年7月15日夕、最後の1羽巣立つ。
※平成26年7月14日午前、さらに1羽巣立つ。残り1羽。
※平成26年7月13日午前、さらに1羽巣立つ。残り2羽。
※平成26年7月12日昼、2羽巣立つ。
※平成26年6月20日朝、5羽全てふ化。
※平成26年6月19日朝、さらに1羽ふ化。計4羽。

※平成26年6月18日夕、さらに1羽ふ化。計3羽。

※平成26年6月18日、13時半頃、さらに1羽ふ化。計2羽。

※平成26年6月18日、1羽ふ化。

※平成26年5月31日夜、5個目を産卵。
※平成26年5月29日午後4時頃、4個目を産卵。

※平成26年5月27日夜、3個目を産卵。

※平成26年5月25日夕、2個目を産卵。
※平成26年5月23日夕、卵1個を産卵。

※平成26年5月 9日、役場巣箱に入る。

※平成26年5月 2日、飛来を確認しました。
<25年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>
※平成25年7月14日、お昼過ぎ、1羽が巣立ち、全てのヒナが巣立つ。
※平成25年7月12日、夕方、さらに1羽巣立つ。残り1羽
※平成25年7月12日、正午、1羽巣立つ。残り2羽
※平成25年7月11日、昼、1羽巣立つ。
※平成25年6月25日、ひな1羽死ぬ。原因不明。現在4羽。

※平成25年6月19日、5羽全てのふ化を確認。

※平成25年6月18日、さらに1羽の雛がふ化。計4羽。
※平成25年6月16〜17日
にかけて3羽の雛がふ化。
※平成25年5月30日夕、さらに1個を産卵。計5個。

※平成25年5月28日夕、さらに1個を産卵。計4個。

※平成25年5月26日夕、さらに1個を産卵。計3個。
※平成25年5月24日夕、さらに1個を産卵。計2個。
※平成25年5月22日夕、卵1個を産卵。

※平成25年5月 7日役場巣箱に入る。

※平成25年5月 1日飛来を確認しました。
<24年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>
※平成24年7月19日朝、全てのヒナが巣立つ。
※平成24年7月17日朝、1羽が巣立つ。
※平成24年7月16日朝、1羽が巣立つ。
※平成24年7月15日正午すぎ、2羽が巣立つ。
※平成24年6月21日夕、5羽全てのふ化を確認。
※平成24年6月20日昼、さらに1羽の雛がふ化。計4羽
※平成24年6月20日朝、さらに2羽の雛がふ化。計3羽
※平成24年6月19日昼すぎ、1羽の雛がふ化。
※平成24年6月 1日夕、さらに1個の産卵。計5個。
※平成24年5月30日夕、さらに1個を産卵。計4個。
※平成24年5月28日夕、さらに1個を産卵。計3個。
※平成24年5月26日夕、さらに1個を産卵。計2個。
※平成24年5月24日夕、卵1個を産卵。
※平成24年5月 8日役場巣箱に入る。
※平成24年4月28日飛来を確認しました。

<23年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>
※平成23年7月19日 昼、4羽全てが巣立つ。
※平成23年7月18日 昼、1羽(役場巣箱)が巣立つ。
※平成23年6月25日 朝、4羽全ての孵化を確認。
※平成23年6月24日 午後、さらに1羽の雛が孵化。
※平成23年6月24日10時54分、1羽の雛が孵化。
※平成23年6月4日夕、さらに卵1個を産卵。計4個。
※平成23年6月2日18時頃、さらに卵1個を産卵。計3個。
※平成23年5月31日夕、さらに卵1個を産卵。計2個。
※平成23年5月29日夕、卵1個を産卵。
※平成23年5月17日役場巣箱に入る。
※平成23年5月9日飛来を確認しました。
<22年度>
※平成22年7月21日役場雛巣立ち。
※平成22年6月28日雛が孵った模様です。
※平成22年5月3日飛来を確認しました。
<21年度>
※平成21年6月22日雛が孵った模様。
※平成21年4月30日飛来を確認しました。
<20年度>
※平成20年7月21日役場雛巣立ち。
※平成20年6月30日頃孵化。


 
※「ブッポウソウに近寄らないで!」
 村内に巣箱を設置し、ブッポウソウの保護活動を続けている天龍みどりの少年団が、この度、「ブッポウソウに近寄らないで!」と書かれた看板を村内約20カ所に設置しました。近年、
巣箱に近づいてブッポウソウを撮影しようとするマナーを守れないカメラマンが多いため、ブッポウソウ保護のため協力をお願いするものです。(写真は、左下の方)
 どうかブッポウソウや子供達のためにも、この看板をみたら、
ルールを守って観察や撮影をお願いします。
 
また、ブッポウソウを撮影するために歩行者や自動車の通行を妨げているカメラマンが見受けられます。事故の元となりますので、マナーを守って撮影しましょう。


 <天龍みどりの少年団のブッポウソウ保護活動について
   
こちら をご覧ください。

 

動画でもご覧にいただけます。【YOU TUBE】
平成30年7月24日 ブッポウソウのようす

今日の午後1時半過ぎ、全てのブッポウソウが巣立っていきました。
来年、帰ってくるのを楽しみにしましょう。


平成30年7月22日 ブッポウソウのようす

本日の午後、2羽のブッポウソウが巣立っていきました。
来年、巣箱に帰ってくるのが楽しみです。


平成30年7月16日 ブッポウソウのようす

だんだんと、親鳥に似てきました。

平成30年7月11日 ブッポウソウのようす

巣穴の外から、ごはんを食べさせています。

平成30年7月7日 ブッポウソウのようす

毛が生えて、目も開き始めています。

平成30年7月3日 ブッポウソウのようす

親鳥がごはんを持ってきました。


ごはんをたべています。

平成30年6月29日 ブッポウソウのようす

全てのヒナがふ化しました!
今年のヒナは4羽になります。


平成30年6月28日 ブッポウソウのようす

3羽のヒナがふ化しました。


さっそく親鳥がご飯をあたえています。

平成30年6月20日 ブッポウソウのようす

分かりにくいですが、顔におがくずがついています。

平成30年6月13日 ブッポウソウのようす


抱卵の真っ最中です。

平成30年6月8日 ブッポウソウのようす


4個目の卵を産みました。

平成30年6月6日 ブッポウソウのようす




3個目の卵を産みました。

平成30年6月4日 ブッポウソウのようす






2個目の卵を産みました。

平成30年6月2日 ブッポウソウのようす






待望の卵です。ふ化するのが楽しみですね。

平成30年5月31日 ブッポウソウのようす


なかなか巣箱に姿を見せてくれません。

平成30年5月27日 ブッポウソウのようす



平成30年5月24日 ブッポウソウのようす



平成30年5月20日 ブッポウソウのようす



巣箱の中へ、顔を覗かせています。


カメラに目線をくれました!


巣穴から外の様子を見ています。


平成30年5月17日 ブッポウソウのようす


ブッポウソウが役場屋上の巣箱にやってきました!
今後も、変化がありましたら随時更新します。
見学場所  
 天龍村役場屋上に設置してある巣箱内を庁舎1階モニターで見ることができます。
 
 詳細は天龍村役場までお問い合せください
   
 
期間  
 5月初旬から8月上旬まで
 
お問合せ  
 ○目撃情報ほか全般・・・・・天龍村役場 
 ○ピンバッジ・・・・・・天龍村役場
 ○ライブカメラ・・・・・・建設課環境水道係
     電話 0260-32-1022(直通)
     E-mail seikan@vill-tenryu.jp
 
Copyright (C)2002 Village of Tenryu All Rights Reserved