ブッポウソウ(仏法僧)

  
↑ 27年度フォトコンテスト応募作品より

 
↑ 26年度フォトコンテスト応募作品より

 
↑ 25年度フォトコンテスト応募作品より

 
↑ 24年度フォトコンテスト応募作品より



(天龍小学校児童らによる巣箱かけ)

 
(観察記録DVDと雛が巣立ち(H23.7.18正午:永江淳志氏撮影)

  
2016年版ブッポウソウピンバッチ好評発売中!


▲切手シート


▲天龍みどりの少年団が設置した看板
 

村鳥 「ブッポウソウ(仏法僧)」とは

   長野県の天然記念物
   夏鳥として毎年5月初旬に、村に渡来します。
  青緑色の羽根が美しく、翼を広げると白斑が目立ちます。

   →
下記パンフレットをご参照ください。

   

     


 
<2016年度お知らせ>
 ブッポウソウ切手シート 1冊1,500円 好評発売中!
 ※
ブッポウソウスッテッカー 1枚300円 好評発売中!
 
ブッポウソウのピンバッジ 1個500円 好評発売中!


<参考>
<28年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>
※平成28年6月18日10時頃、さらに1羽ふ化。計4羽。
※平成28年6月17日16時頃、さらに1羽ふ化。計3羽。
※平成28年6月17日9時半頃、さらに1羽ふ化。計2羽。

※平成28年6月16日昼、1羽ふ化。

※平成28年5月30日夕、5個目を産卵。

※平成28年5月28日夕、4個目を産卵。

※平成28年5月26日夕、3個目を産卵。

※平成28年5月24日夕、2個目を産卵。
※平成28年5月22日夕方、卵1個を産卵。

※平成28年5月1日、飛来を確認しました。


<27年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>

※平成27年7月13日、昼、最後の1羽巣立つ。
※平成27年7月12日、さらに1羽巣立つ。残り1羽。
※平成27年7月11日、昼、さらに1羽巣立つ。残り2羽。

※平成27年7月11日、朝、さらに1羽巣立つ。残り3羽。
※平成27年7月10日、11時頃、1羽巣立つ。残り4羽。
※平成27年6月19日、朝、5羽全てふ化。
※平成27年6月18日、朝、さらに1羽ふ化。計4羽。

※平成27年6月17日、朝、さらに1羽ふ化。計3羽。

※平成27年6月16日、10時頃、さらに1羽ふ化。計2羽。

平成27年6月16日、1羽ふ化。
※平成27年5月29日夕、5個目を産卵。

※平成27年5月27日夕、4個目を産卵。
※平成27年5月25日夕、3個目を産卵。

※平成27年5月23日夕、2個目を産卵。

平成27年5月21日16時15分頃、卵1個を産卵。

※平成27年5月2日、飛来を確認しました。

<26年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>
※平成26年7月15日夕、最後の1羽巣立つ。
※平成26年7月14日午前、さらに1羽巣立つ。残り1羽。
※平成26年7月13日午前、さらに1羽巣立つ。残り2羽。
※平成26年7月12日昼、2羽巣立つ。
※平成26年6月20日朝、5羽全てふ化。
※平成26年6月19日朝、さらに1羽ふ化。計4羽。

※平成26年6月18日夕、さらに1羽ふ化。計3羽。

※平成26年6月18日、13時半頃、さらに1羽ふ化。計2羽。

※平成26年6月18日、1羽ふ化。

※平成26年5月31日夜、5個目を産卵。
※平成26年5月29日午後4時頃、4個目を産卵。

※平成26年5月27日夜、3個目を産卵。

※平成26年5月25日夕、2個目を産卵。
※平成26年5月23日夕、卵1個を産卵。

※平成26年5月 9日、役場巣箱に入る。

※平成26年5月 2日、飛来を確認しました。
<25年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>
※平成25年7月14日、お昼過ぎ、1羽が巣立ち、全てのヒナが巣立つ。
※平成25年7月12日、夕方、さらに1羽巣立つ。残り1羽
※平成25年7月12日、正午、1羽巣立つ。残り2羽
※平成25年7月11日、昼、1羽巣立つ。
※平成25年6月25日、ひな1羽死ぬ。原因不明。現在4羽。

※平成25年6月19日、5羽全てのふ化を確認。

※平成25年6月18日、さらに1羽の雛がふ化。計4羽。
※平成25年6月16〜17日
にかけて3羽の雛がふ化。
※平成25年5月30日夕、さらに1個を産卵。計5個。

※平成25年5月28日夕、さらに1個を産卵。計4個。

※平成25年5月26日夕、さらに1個を産卵。計3個。
※平成25年5月24日夕、さらに1個を産卵。計2個。
※平成25年5月22日夕、卵1個を産卵。

※平成25年5月 7日役場巣箱に入る。

※平成25年5月 1日飛来を確認しました。
<24年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>
※平成24年7月19日朝、全てのヒナが巣立つ。
※平成24年7月17日朝、1羽が巣立つ。
※平成24年7月16日朝、1羽が巣立つ。
※平成24年7月15日正午すぎ、2羽が巣立つ。
※平成24年6月21日夕、5羽全てのふ化を確認。
※平成24年6月20日昼、さらに1羽の雛がふ化。計4羽
※平成24年6月20日朝、さらに2羽の雛がふ化。計3羽
※平成24年6月19日昼すぎ、1羽の雛がふ化。
※平成24年6月 1日夕、さらに1個の産卵。計5個。
※平成24年5月30日夕、さらに1個を産卵。計4個。
※平成24年5月28日夕、さらに1個を産卵。計3個。
※平成24年5月26日夕、さらに1個を産卵。計2個。
※平成24年5月24日夕、卵1個を産卵。
※平成24年5月 8日役場巣箱に入る。
※平成24年4月28日飛来を確認しました。

<23年度(役場巣箱ライブカメラ等より)>
※平成23年7月19日 昼、4羽全てが巣立つ。
※平成23年7月18日 昼、1羽(役場巣箱)が巣立つ。
※平成23年6月25日 朝、4羽全ての孵化を確認。
※平成23年6月24日 午後、さらに1羽の雛が孵化。
※平成23年6月24日10時54分、1羽の雛が孵化。
※平成23年6月4日夕、さらに卵1個を産卵。計4個。
※平成23年6月2日18時頃、さらに卵1個を産卵。計3個。
※平成23年5月31日夕、さらに卵1個を産卵。計2個。
※平成23年5月29日夕、卵1個を産卵。
※平成23年5月17日役場巣箱に入る。
※平成23年5月9日飛来を確認しました。
<22年度>
※平成22年7月21日役場雛巣立ち。
※平成22年6月28日雛が孵った模様です。
※平成22年5月3日飛来を確認しました。
<21年度>
※平成21年6月22日雛が孵った模様。
※平成21年4月30日飛来を確認しました。
<20年度>
※平成20年7月21日役場雛巣立ち。
※平成20年6月30日頃孵化。

<巣箱かけ日と渡来確認日の記録>
年度 巣箱かけ日 渡来確認日 産卵  ふ化  巣立ち
平成28(2016)年  4/9 5/1 5/22 6/16  
平成27(2015)年  4/11 5/2 5/21 6/16 7/10
平成26(2014)年  4/12  5/2 5/23 6/18 7/12
平成25(2013)年 4/13  5/1 5/22 6/16 7/11
平成24(2012)年 4/21   4/28 5/24 6/19 7/15
平成23(2011)年 4/16  5/9  5/29 6/24 7/18 
平成22(2010)年 4/17 5/3      
平成21(2009)年 4/18 4/30      
平成20(2008)年 4/19 5/6      
平成19(2007)年 4/21 5/4      
平成18(2006)年 4/23 5/4      
平成17(2005)年 5/1 5/5      
平成16(2004)年 4/24 4/29      
平成15(2003)年 4/27 5/3      
平成14(2002)年 4/27 5/6      
平成13(2001)年 4/28 5/8      
平成12(2000)年 4/29 5/7      
平成11(1999)年 4/29 5/8      
平成10(1998)年 4/29 5/8      
     (天龍小学校及び村澤前副村長、ライブカメラ等記録より)



 
※「ブッポウソウに近寄らないで!」
 村内に巣箱を設置し、ブッポウソウの保護活動を続けている天龍みどりの少年団が、この度、「ブッポウソウに近寄らないで!」と書かれた看板を村内約20カ所に設置しました。近年、
巣箱に近づいてブッポウソウを撮影しようとするマナーの悪いカメラマンが多いため、ブッポウソウ保護のため協力をお願いするものです。(写真は、左下の方)
 どうかブッポウソウや子供達のためにも、この看板をみたら、
ルールを守って観察や撮影をお願いします。


 <天龍みどりの少年団のブッポウソウ保護活動について
   
こちら をご覧ください。

見学場所
 天龍村役場庁舎の西側壁面にある通気口。
 天龍小学校の児童が作った巣箱が天竜川に架かる橋に設置されており、毎年繁殖しています。

  詳細は天龍村役場までお問い合せください。
  一定期間中、役場玄関にパネルを掲出してあります。
期間
 5月初旬から8月上旬まで
お問合せ
 ○目撃情報ほか全般・・・・・天龍村役場 振興課農林係
 ○ピンバッジ・・・・・・総務課むらづくり推進係
 ○ライブカメラ・・・・・・住民課国保環境衛生係
     電話 0260-32-2001
     E-mail suishin@vill-tenryu.jp
Copyright (C)2002 Village of Tenryu All Rights Reserved